宝瓶 青磁 湯呑2個セット

宝瓶
400年以上の歴史を誇る焼物の産地、長崎県波佐見町の職人によって丁寧に作られています。
宝瓶とは。取っ手の無い急須のこと。
その為、主に玉露、かぶせ茶、手揉み茶などの高級茶葉を低温で淹れるのに適しており、旨味を ゆっくりと引き出し、美味しく飲むことができます。
気分や雰囲気を変え、丁寧にお茶を淹れる急須の一つとして、日本人の繊細な心遣いを感じる 茶道具として重宝されています。
なお、お茶を飲むだけでなく、最後はその茶葉を食すことを提案致します。
蓋には、茶漉しの役割を果たす鋸歯状のものと、空気の対流を良くし注ぎやすく且つ茶葉が広がり やすい穴を注ぎ口に近い方向につけて、美味しく淹れられるように工夫しています。
また、宝瓶の中に湯呑みを重ねることができる為、収納性に優れ、さらには口径が広いことで洗い やすいのも特徴です。
日々忙しい中、丁寧にお茶を入れてゆったりと過ごす時間でリラックスそしてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

本体サイズ
[宝瓶]W113×D110×H70mm 120ml
[湯呑]径74×35mm 40ml 2個
箱サイズ
W121×D91×217mm(桐箱)
素材:磁器
Made in Japan
販売価格 10,800円(税800円)
型番 WDH-0068