具沢山汁椀 真塗り・黒

「漆器のお椀」と言えば連想される、漆塗りの代表格である黒・朱色の艶やかな色合いの仕上げ。
(黒:真塗り、朱:朱塗り)と呼ばれています。

漆器において、木地挽物技術に優れた石川県加賀市にて作られています。
陶磁器よりも歴史が長い漆器は、熱が伝わりにくく、持った時の軽さや感触、口当たりが滑らかなのが 特徴です。
また、産地独自の「縦木取り」と呼ばれる欅材の切り出し方は、歪みや収縮が少なく強度がある為、 末長くお使い頂けます。
さらに使っていくうちに、色鮮やかに艶が出てくる漆独特の経年変化に愛着が深まります。
食材を引き立たせ、美味しさや温もりを感じさせる伝統的な塗りや色を基本にし、汁物が飲みやすい よう、口元は外側に広がった羽反り形状に仕上げています。
また、具沢山のお味噌汁を召し上がることを想定した容量ですが、お雑煮や麺類、丼類など様々な 料理にもお使い頂けます。
底面には、日本人が食事の前後に挨拶する「いただきます」や「ごちそうさま」の手を合わせる姿を モチーフとし、食事を作ってくれた方や食材への感謝の気持ちを表した刻印を施しています。

【サイズ】
本体:φ140×H80
箱:W165×D165×H120 (桐箱)
容量:500ml

【素材】
天然木(欅)
*天然木の為、色や木目が異なりますので予めご了承ください。
販売価格 12,960円(税960円)
型番 WDH-0079